みんなの工夫を開いてみました!令和2年みんなのおうち時間 presented by JCB
JCB公式Twitterアカウントはこちら

おうち時間をキャッシュレスで
楽しく過ごそう!

いままでにない環境が続いていますが
JCBはみなさんの「おうち時間」のリアルを
調べてみました。
すると、「家族のために、
炊飯器をオンライン通販で新調しました!」
「サブスクリプションサービスを駆使して
100本以上の映画を見ました」
など、オンラインを中心とした
クレジットカード、キャッシュレス決済で
ちょっと便利に、ちょっと楽しく過ごしている
姿が見えてきました。
そんなアイデアをシェアし合って、
みんなで楽しく「おうち時間」を過ごしましょう。
JCBは、みなさんの楽しい「おうち時間」を
キャッシュレス決済で応援します。

令和2年 みんなのおうち時間白書はこちら

※PDFが表示されます

令和2年みんなのおうち時間キャンペーン

そんな調査の中からおススメの過ごし方をピックアップ!

「こんな状況だからこそやってみよう」
「やってみたら楽しかった」
「なるほど、その手があったか」などなど、
みなさんの新生活に役立つ知恵&工夫の数々を
クイズにしました。

クイズに答えながら、
明日から使えるポジティブ活動を新発見!

クイズ結果発表

たくさんのご応募
ありがとうございました!

調査からは、電話やZoomを通じて友人と会話をしたり、
家具や家電を購入しておうち時間を充実させるための
さまざまな工夫が浮かび上がってきました。
さらに「家族」や「健康」の大切さに気付いたり、
家族やパートナーと話す時間の増加、
そして健康を目指して行動する姿も伺えました。

Q1. 東京都市圏(*1都3県)に絞ったランキングからの出題です。このおうち時間シーズンに最もドライブにチャレンジしたのは、次のうち、どの層でしょうか?(*上位4つを表示)

  • 60代以上の女性
  • 40−50代の女性
  • 20代の男性
  • 20代の女性
正解
D : 20代の女性
中でも東京都市圏の20代女性では、ドライブ需要が他の世代と比較して高く、新たな生活の変化が見られました。

Q2. 全国ランキングからの出題です。以下はミレニアム世代がおうち時間シーズンに、最も大切だと気づいたことの順位です。1位 家族 3位 健康 4位 友達 さて、第2位は?

  • 対面でのコミュニケーション
  • 趣味
  • 健康
  • 旅行やお出かけ
正解
A : 対面でのコミュニケーション
おうち時間をきっかけに、デジタルネイティブといわれるZ世代の価値観にも変化がみられ、人との繋がりを求める傾向となりました。

Q3. 全国ランキングからの出題です。以下は女性10代がおうち時間シーズンに、購入した家電の順位です。2位テレビ  3位ゲーム機  4位ゲームソフト  さて、第1位は?

  • 脱毛器・美顔器・スチーマー
  • スマートフォン
  • タコ焼き機
  • フィットネスマシン
正解
A : 脱毛器・美顔器・スチーマー
美容を通じておうち時間を充実化。サロンへの外出自粛でおうち美容の需要が高まりました。