JCBの取り組み

JCBカードでできる社会貢献活動をご紹介します。
会員の皆様におかれましても、温かいご支援とご協力を賜りますようお願い申しあげます。

復興支援への取り組みについて(「5」のつく日。JCBで復興支援 第10回)

「5」のつく日。JCBで復興支援 5日・15日・25日はJCBで!

2020年も自然災害からの復興支援の取り組みを行います。(第10回)
2~5月の「5」のつく日に、JCBカードの国内ご利用分「1回につき1円」を、東日本大震災などの自然災害からの復興支援金としてJCBより寄付します。

お客さまのJCBカードご利用が支援につながります。
なお、お客さまのご負担はありません。

実施期間:2020年2月5日(水)~5月25日(月)

  • お客様のカードご利用に基づくJCB寄付額=期間中の5日・15日・25日の「ご利用件数×1円」
  • 一部、支援金の対象とならないご利用分があります。
  • 支援金は、本施策終了後にまとめて公益社団法人日本フィランソロピー協会などを通じて寄付し、復興を支援する活動に利用します。

過去の支援金の活用状況は「5」のつく日。特集ページに掲載しています。

「5」のつく日。JCBで復興支援の終了について

東日本大震災の発生から間もない2011年8月に「「5」のつく日。JCBで復興支援」を開始(第1回:2011年8月~10月)して以来、JCBは一日も早い復興を願い毎年この取り組みを継続、東日本大震災からの復興をご支援してまいりました。2012年には、東日本大震災でご両親を亡くされたお子様へ学資を支援する「公益信託JCB東日本大震災に負けない子どもたちの未来を応援する奨学基金(以下、奨学基金といいます)」を設立、たくさんのお子様たちの未来を応援してきました。両者を合わせた支援額は、約10億円(将来支給予定の奨学金を含みます)に上ります。
今般、東日本大震災の発生より10年めを迎えるにあたり、2020年2月から5月にかけて実施する第10回をもって「「5」のつく日。JCBで復興支援」を終了させていただきます。実施趣旨にご理解を賜り、「5」のつく日にJCBカードをご利用いただきまして、誠にありがとうございました。
JCBは全国のお客様・お取引先様の発展こそが当社事業の源泉であるとの認識のもと、「「5」のつく日。JCBで復興支援」の終了後も、前述の奨学基金を通じて東日本大震災でご両親を亡くされた2010年度生まれのお子様たちが大学・専門学校等を卒業されるまで(四年制大学、現役生の場合2033年まで)、応援してまいります。

ニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」

ニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」

JCBは、ニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」を応援しています。

1975年より毎年開催されているニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」。皆様からお寄せいただいた募金は、目の不自由な方が安心して街を歩けるよう「音の出る信号機」の設置等に役立てられます。

JCBカードでの募金はこちら