JCBの取り組み

JCBカードでできる社会貢献活動をご紹介します。
会員の皆様におかれましても、温かいご支援とご協力を賜りますようお願い申しあげます。

復興支援への取り組みについて(「5」のつく日。JCBで復興支援 第8回)

「5」のつく日。JCBで復興支援 第8回 5日・15日・25日はJCBで!

2018年2~5月の「5」のつく日に、JCBカードご利用分「1回につき1円」を、東日本大震災などの自然災害からの復興支援金としてJCBより寄付する取り組みを実施しました。ご協力いただいた皆様、まことにありがとうございました。

支援金の活用状況は「5」のつく日。特集ページに掲載しています。

第8回の支援金額の合計 71,176,388円
第1回~第8回の支援金額の合計 450,764,539円
  • お客様のカードご利用に基づくJCB寄付額=期間中の5日・15日・25日の「ご利用件数×1円」
  • 一部、支援金の対象とならないご利用分があります。
  • 支援金は、本施策終了後にまとめて公益社団法人日本フィランソロピー協会などを通じて寄付し、復興を支援する活動に利用します。

公益信託JCB 東日本大震災に負けない子どもたちの未来を応援する奨学基金

公益信託JCB 東日本大震災に負けない子どもたちの未来を応援する奨学基金

<寄付金受付終了のお知らせ>

公益信託JCB東日本大震災に負けない子どもたちの未来を応援する奨学基金では、多数の皆さまのご支援のもと、2012年より奨学金の支給を通じ、東日本大震災でご両親を亡くされた子どもたちの就学を支援してきましたが、皆様からのご寄付と当社拠出金により、今後、対象の子どもたちへ支給予定の奨学金に十分な金額を確保することができました。
つきましては、2018年12月17日(月)をもちまして、本基金への皆様からの寄付(Oki Dokiポイントによる寄付を含みます)の受付を終了させていただきます。
2012年の基金設立以来、多くの皆様のご支援を賜り、誠にありがとうございました。

<奨学基金概要>
震災でご両親を亡くされた子どもたちに、小学校から高校卒業まで奨学金を支給する奨学基金を2012年1月に設立、2018年1月には支給対象を大学、短大、専門学校(専門学校に相当する過程の学校も含みます)まで拡大しました。震災発生時の未就学児が高校・大学などを卒業するまでの長期にわたり、応援を続けます。

ニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」

ニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」

JCBは、ニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」を応援しています。

1975年より毎年開催されているニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」。皆様からお寄せいただいた募金は、目の不自由な方が安心して街を歩けるよう「音の出る信号機」の設置等に役立てられます。

JCBカードでの募金はこちら