こんな手口にご注意ください

偽のセキュリティーソフトによる詐欺被害が増加中

セキュリティーソフトをダウンロードさせて、不当にお金を請求する手口が増えています。
インターネット利用中にウイルス感染やシステム異常などを示す偽の警告画面を表示したり、警告音を鳴らすなどして、サポートのためのソフトをインストールするよう誘導してきます。
サポート契約をしても実際にはサービスは提供されず、入力したカード番号などをもとに不当な請求をされる被害が最近増加しています。
ソフトのダウンロードや購入時のカード番号等、個人情報の入力には十分ご注意ください。

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」は厳禁です!!

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」とは、クレジットカードの「ショッピング枠」を本来の目的である商品やサービスの購入に利用するのではなく、換金を目的としてカードを利用することです。クレジットカード会社はこのような利用を認めておりません。

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」と書かれた広告を、新聞・雑誌・看板・インターネット等で見かけますが、換金目的でのクレジットカード利用は会員規約違反となり、会員資格を失うことになります。また、犯罪や思わぬトラブルに巻き込まれるケースもありますので、決して利用しないでください。

現金化の事例についてはこちら

社団法人日本クレジット協会などでも注意喚起を行っていますので、詳しくは下記をご確認ください。

悪質な「有料メール交換サイト」のポイントを購入させる手口にご注意!

「出会い系サイト(※1)」をはじめとした「有料メール交換サイト」とお客様との間でトラブルが多発しています。
このようなサイトでは、サイトで知り合った相手とメール交換をするために、たくみな勧誘により、ポイントを購入するよう誘導されるなどして、取り引きを継続させられた結果、気づいた時には高額な請求となってしまう場合があります。さらには、無料サイトを装って勧誘し、実際には有料サイトへ誘導する窓口となっている場合もあります。
「有料メール交換サイト」を利用される場合には、悪質な業者(※2)もおりますので、ご利用を申し込みされる段階で以下の点に十分注意することが大切です。

  1. ※1見知らぬ異性との交際を希望する情報を多くの人が見られるように掲示し、電子メールなどでお互いに連絡を取り合えるようにするなど、「出会いの場」を提供するサイトのこと。
  2. ※2「メル友になってほしい」「芸能人の悩みを聞いてほしい」「メール交換してくれればお金をあげる」「財産を個人的に贈与したい」などとお客様をだまし、有料メールを続けさせるといった手口を用いるようなサイトのこと。

注意点

  1. 規約・約款、ご利用のルール等をよくご確認ください。
    サイトの利用やカード番号の入力の前に、規約・約款、当該サイトや案内メールなどの詳しいルールの記載(料金制度など)を十分に確認することが重要です。利用に関する承諾ボタンを押すなど、お客様が事前に承諾されていると解釈される場合には、ご利用後にサイト事業者とトラブルになっても、当該サイトに対して契約や請求の取り消しができなくなることがあります。
  2. 「有料メール交換サイト」の場合、使いすぎにご注意ください。
    有料サイトですので、サイトの入会時に入会料が発生する、メールの送信ごとに料金が発生する、月々の利用料が発生する、など、サイトの利用を続けることで継続的に料金が発生します。また、これらの利用に必要なポイントをまとめて購入する必要がある場合もあります。これらをご認識のうえで「使いすぎ」には十分ご注意ください。

悪質なサイトについては、国民生活センターでも注意喚起を行っています。詳しくは下記をご確認ください。

国民生活センターホームページ 詐欺的"サクラサイト商法"トラブルについて

車上荒らしにご注意ください!

すぐ戻るつもりであっても、車を離れる際は鞄や貴重品は車内に置いたままにせず、必ず身につけてください。家の近くに車を止める場合でも、犯人に狙われやすい現金・カード類を車内に残さず、必ず持ち出してください。

全国各地のコインパーキング・さらに自宅敷地内・勤務先の駐車場においても、車内から貴重品が盗まれる犯罪が増えています。犯人たちは鍵をこじ開けたり、窓ガラスを割るなどして車内を物色し、カードを手に入れてすぐ高額な買い物をします。
さらに、カードの暗証番号が次のパターンに当てはまる場合、カードを盗まれた後、ATMで多額の現金を引き出されてしまいます。

  1. 電話番号や生年月日など、類推されやすい番号
  2. IC免許証の暗証番号と同じ番号
  3. 暗証番号をメモに書いて、カードと一緒に保管している

ゴルフ場や温浴施設などのロッカーや貴重品ボックス荒らしにご注意ください!

最近、ゴルフ場や温浴施設などにおける暗証番号式のロッカーや貴重品ボックスで、暗証番号入力時に背後からのぞき見られたり、小型カメラで盗撮されるなどして暗証番号が知られ、開錠される被害が増えています。
開錠されると、私物を盗難されるばかりではなく、カード情報を読み取られたり、また、カードを1枚だけ気づかれないように抜き取られるなど、さまざまな手口で第三者に使用されることがあります。

暗証番号入力時は、周りに不審者がいないか、暗証番号入力ボタンの上に小型カメラが仕掛けられていないかなどを十分注意のうえご利用ください。

各種施設で暗証番号式ロッカーや貴重品ボックスをご利用の際は、カードなどの暗証番号と同じ番号を絶対に使用しないでください。
不審者を見かけた場合は、各利用施設のフロントまでご連絡ください。
また、カードの盗難・紛失に気づかれた場合は、すぐにカード裏面に記載のカード発行会社にご連絡ください。

当社所在地を会社住所と偽る投資勧誘のダイレクトメールにご注意ください!

「株式会社匠環境技研」と名乗る企業から、当社所在地である「東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア」の16階を会社住所であると偽り、出資金を募るダイレクトメールが送られる事象が発生しています。
「株式会社匠環境技研」という企業は青山ライズスクエアの16階には存在せず、JCBおよびJCBグループとは一切関係ございませんので、くれぐれもご注意ください。

JCBとの提携を装い勧誘する貸金業者にご注意ください!

JCBとの提携を装って、融資等の勧誘・営業を行っている業者についてお問い合わせが寄せられています。
JCBの商号・登録商標(ロゴマーク)・カードデザインなどを模倣・詐称するケースが見られますが、JCBおよびJCBグループとは一切関係ありません。不審なダイレクトメールや電話などによる勧誘には十分ご注意いただき、このような場合は当社へご確認ください。

個人情報を入力させる不審なEメールにご注意ください!

カード会社等を装ったEメールを送信し、カード番号・住所などの個人情報を不正に収集しようとする悪質なフィッシング(詐欺)メールにご注意ください。
入力フォームなどにカード番号や住所を入力させたり、「おめでとうございます!○○が当選しました!」「カードが無効になっております。差し換えのため情報をご連絡ください。」などという案内を送り、お客様の個人情報を返信させるようなケースです。
JCBでは、お客様からの個人情報をEメールでお伺いすることはありません。
万が一このようなメールを受信されても、絶対に返信などされないよう、十分お気をつけください。

警察・カード会社・カード業界団体等を装う電話にご注意ください!

警察やカード会社、カード業界団体等を名乗り、お客様に関する情報を聞き出そうとする巧妙な手口が発生しています。

  • ケース1:暗証番号を聞きだそうとする手口
  • ケース2:カード番号や個人情報を聞きだそうとする手口
  • ケース3:自宅住所を聞き出して送付する書類に、個人情報を書くよう指示し郵送させようとする手口

警察やカード会社、カード業界団体等が、お客様の暗証番号をお聞きすることはありません。
万が一被害にあわれた場合は最寄りの警察署へご連絡ください。

こんなケースが多発していますのでご注意ください

飲食店などでのスリ

お食事中、椅子やハンガーにかけた上着、カバンをスリはねらっています。
食事やお友達との会話に夢中になっているすきに、カードが入った財布ごと抜き取られてしまう被害が多いのです。
上着やカバンはできるだけ目の届くところに置くよう心掛けてください。
カードの入った財布などは必ず身につけることをおすすめいたします。

電車内、駅などでの盗難

深夜に電車内や駅の構内で眠り込んでしまったとき、スリはそんなあなたをねらっています。 意識のない人からものを盗むほど容易なことはありません。
財布などは上着の内ポケットにしまってボタンをかけてください。
カバンに入れるときは奥のほうにしまい、しっかり口をしめておきましょう。

車上荒らし

駐車して車を離れる際は、中に貴重品を置いていかないようにしてください。
ロックをしても、たくみにドアを開けたり、窓を割ったりして中のものが盗まれてしまうことがあります。
リモコン式のドアロックも安全とは言えません。貴重品は必ず一緒に持って出ましょう。

海外旅行中の盗難

とくに海外の旅先ではこんなところにご注意ください。

  • ズボンのポケットや口のあいたバッグにお財布を入れないようにしてください。
  • お買い物や観光の最中も周囲に目を配り注意をはらうようにしてください。
  • 空港やホテルのロビーなど人の多いところでは荷物を手離さないようにしてください。

中国での男性を狙った犯罪にご注意ください!

飲食店・マッサージ店などでだまされ、高額な請求をされる被害が上海・北京で多発しています。

「安く食事ができる」「安くマッサージが受けられる」などと女性に声をかけられて入店すると、会計時に高額な請求をされることがあります。断ると複数の男性が現れ、恐喝・監禁・暴行行為などを行い、無理やりカードを使用されたうえ、サインを強要されることもあります。
旅行中は客引きの甘い誘いなどにはのらないよう、十分にご注意ください。

台湾でのスリにご注意ください

台湾への日本人渡航者増加に伴い、財布ごと、もしくはカードのみを盗まれる事件が増加しています。

被害の多い場所

  1. 台北市内や近郊の観光地、人気飲食店
  2. 空港や主要な駅

手口の詳細

  1. 観光地の人ごみのなかで、カバンやポケットから財布やカードを抜き取られる
  2. 飲食店のテーブルやいすに、カバンや財布を置いたままにして、席を外している間や会話に夢中になっている間に財布やカードを抜き取られる

貴重品は肌身離さず持ち歩き、つねに所在をご確認ください。財布のなかからカードだけを抜き取られると、なかなか気づきません。ホテルに戻ったら必ず確認するなど、旅行中のカードの管理をお願いします。

偽警官による詐欺にご注意ください!

スペインやフランスで、下記手口での偽警官による詐欺事件が多数発生しております。

  1. 旅行者風の人物が地図をもって被害者に質問してくる。これに応じていると、警察官と称する二人組が現れ、偽造の警察IDを見せたうえで、旅行者風の人物に尋問を行う。
  2. 旅行者風の人物は、偽警察官にIDやカードを見せ、暗証番号を伝える。偽警察官は、無線機を使いどこかに確認をとる。
  3. 偽警察官は被害者に対し、IDや所持しているすべてのカードの提示を求め、さらにカードの暗証番号を聞いてくる。その際には、麻薬所持などの嫌疑をかけてくるケースもあり、正確な番号を言わないと警察署へ連れて行く、と高圧的になる。
  4. 偽警察官は、無線機でどこかに連絡をした後、カード類を返却するが、1~2枚を気づかれないように抜き取り、立ち去る。
  5. 数十分以内にそのカードが不正使用される。

警察官が、カードの提示を求めたり、暗証番号を聞くことはありません。見知らぬ人物が近づいてきた場合は、可能な限り関わらないようにし、また人気のない場所には絶対について行かないなどの対策をお願いいたします。

タイでの日本人を狙った犯罪にご注意ください!

タイでは日本人観光客を狙ったさまざまな犯罪が多発しています。
ご渡航の際には十分にご注意ください。

  1. カードのすり替え(ゴルフ場、ホテルなど)
  2. 長距離バスの預け荷物からの金品盗難
  3. 睡眠薬強盗
  4. いかさま賭博
  5. スリ・置引き・ひったくり被害等

なかでも、著名なゴルフ場・邦人向けの和食レストラン・ホテルフロントでカードを利用後、別人のカードが返却されるという「すり替え事件」が発生しています。カード受領時は、ご自身のカードであることを必ずご確認ください。

思わぬトラブルに巻き込まれる恐れがあります

最近、インターネットやDM等で、国外で実施されている「宝くじや馬券、スポーツ勝敗予想等のギャンブル」の案内が見受けられ、またこれらの「宝くじやギャンブル」をクレジットカードで簡単に予約、購入できる場合があります。
しかし、国内で正式の許認可を得ていない団体等が販売する「宝くじやギャンブル」の購入は、自国の法律で禁止されている場合があります。たとえ海外で何らかの認定を受けている団体等が主催する「宝くじやギャンブル」であっても、この禁止違反にかわりはありません。
したがって、上記の「宝くじやギャンブル」に対する国内からのインターネットやDM等での申し込みは違反となり、申し込んだ方も罰せられますので、この点を十分ご注意ください。

Get Adobe Reader

PDFファイル閲覧について
PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版(無償)が必要です。
最新のAdobe Readerをダウンロードするには、右のアイコンをクリックしてください。 Adobe Readerをダウンロードできましたらご覧ください。