JCBの取り組み

JCBカードでできる社会貢献活動をご紹介します。
会員の皆様におかれましても、温かいご支援とご協力を賜りますようお願い申しあげます。

復興支援への取り組みについて(「5」のつく日。JCBで復興支援 第8回)

「5」のつく日。JCBで復興支援 第8回 5日・15日・25日はJCBで!

2018年も引き続き、自然災害からの復興支援の取り組みを行います。(第8回)
2月~5月の「5」のつく日に、JCBカードご利用分「1回につき1円」を、東日本大震災などの自然災害からの復興支援金としてJCBより寄付します。

お客様のJCBカード利用が支援につながります。
なお、お客様のご負担はありません。

実施期間:2018年2月5日(月)~5月25日(金)

  • お客様のカードご利用に基づくJCB寄付額=期間中の5日・15日・25日の「ご利用件数×1円」
  • 一部、支援金の対象とならないご利用分があります。
  • 支援金は、本施策終了後にまとめて公益社団法人日本フィランソロピー協会などを通じて寄付し、復興を支援する活動に利用します。

第1回~第7回について

第1回~第7回の支援金額の合計と、支援金の活用状況をご案内します。

支援金額の合計 379,588,151円

ご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。

公益信託JCB 東日本大震災に負けない子どもたちの未来を応援する奨学基金

公益信託JCB 東日本大震災に負けない子どもたちの未来を応援する奨学基金

東日本大震災による困難にも負けず、未来へ踏み出す子どもたちを応援したい。そんな思いから「子どもたちの明るい未来」への支援が何より大切と考え、「公益信託JCB東日本大震災に負けない子どもたちの未来を応援する奨学基金」を設立いたしました。
基金では、震災により両親を亡くされた子どもたちの学資を長期にわたって支援するため、基金にご賛同いただける方々からの寄付を受け付けております。子どもたちへの支援が被災地や日本全体の復興の一助となるよう基金を拡充してまいりますので、皆様からのご支援をお待ちしております。

アジアコミュニティー防災プログラムへの募金

日本赤十字社

日本赤十字社が取り組んでいる「アジアコミュニティー防災プログラム」。
この活動への募金に、JCBカードがご利用いただけます。

コミュニティー防災とは、地域住民たち自身が、災害に対応できる知識と能力を身につけリスクの軽減、災害からの回復力を向上させる活動です。自然災害の多い日本、災害が発生してからでは遅すぎるという経験のもと、災害のもたらす悲しみを減らすため、日本赤十字社は国内外とわず、防災・減災を地域に根付かせる活動を行っています。
皆様からのご支援をお待ちしております。

アジアコミュニティー防災プログラムへの募金

ニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」

ニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」

JCBは、ニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」を応援しています。

1975年より毎年開催されているニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」。皆様からお寄せいただいた募金は、目の不自由な方が安心して街を歩けるよう「音の出る信号機」の設置等に役立てられます。

募金受付は終了しました。